スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
近況です~
世間では夏休み1日目ですアップロードファイル
お母ちゃんは兄ちゃんのお昼ご飯の準備で大変になりますorz

20070722003501.jpg

ご心配をおかけしましてすみませんでした。
おかげ様で今はとっても元気にリンと追いかけっこをしています。
尻尾もししゃもから鮎になりましたよアップロードファイル

20070722003428.jpg

ニコニコのリンですオンプ
お耳も綺麗に治ってよかったね。
後ろにティアラが居たのでお耳が写って角のようになってます。笑

20070722003443.jpg

この子達に癒されていますアップロードファイルはーと
スポンサーサイト
[2007/07/22 00:46 ] | favorite | コメント(13) | トラックバック(0)
今だから言えること
やっと週末、ゆっくりPCに向かっています。
前回の日記から更新まで日にちが経ってしまい、
またティアラに何かあったかと思いますよね。
ごめんなさいね。

日付は少し遡って・・
今月の11日に息子の通院(ガラスの破片を踏んで怪我)から
帰ったのが夕方の6時半過ぎでした。
帰ってすぐお腹をすかせたリンとティアラにご飯をあげました。
この時はティアラの異常には気が付かなかったのです。
そして私達も着替えて晩御飯の準備に取りかかろうと思い、
その前にワンコ達をサークルから出してあげました。
するとティアラの後肢がふらふらなのです。
ご飯をあげる時はお座りして待っていたので気が付きませんでした。
誰がどう見ても正常に歩けていない状態です。

すぐにティアラをかかりつけの先生のところへ連れて行きました。
診察していただくにあたって先生に症状を伝えるにも、朝は何とも
なくて帰ってきたらこんな状態でした、、としか伝えることが出来ず
自分自身が歯痒かったです。
元々ご飯の前など嬉しくて興奮するとサークルから頭が出るほどの
高さでピョンピョンと飛ぶ癖があったのです。
さすがに危ないのでお座りして待つよう躾けている最中でした。

触診ではふらふらでも歩けているようなので骨折はしていない
とのことでした。
レントゲンを撮った結果もこれといった原因は見当たらなくて
しいていえば背骨の下の方の2個の骨と骨との間が少し狭くなって
いるということなのです。
しかし、これは撮る角度や撮る人が変わるとまた違った風に
撮れるので一概には言えないとのことでした。

診察中尻尾が「し」の字を逆さにしたような先だけ曲がったように
なっていてこれは尻尾を下げたいのだけれど痛くて下げられない
のでしょうと先生がおっしゃいました。
その日は抗生物質の注射と痛み止めの注射をして連れて帰り
様子を見ることになりました。
食欲が落ちて自分で排泄が出来なくなったら、チワワ等に多い
脳の神経の方の病気を疑って検査するとのことでした。
(水頭症とはまた別の病気らしいです)
今の状態では病気を特定することも出来ないし、後遺症が出るとも
出ないとも言い切れないようでした。
注射にはしばらく通うことになるかもしれないとのことでした。
その晩は心配や不安で眠ることができませんでした。

次の日。
肝心の脚は昨日よりは少しマシになっているけれど、ふらつきは
そのままでした。
幸いにも食欲が落ちることはなく、自分で排泄も出来ていたのです。
しかし先生も1日経っても歩き方があまり改善されていないことが
気になるようでした。
この日も抗生物質の注射と昨日の痛み止めよりもう少し痛みを
とる効果がある注射をしました。
1.2キロしかない子の細い腕に静脈注射をするのは見ている方も
痛々しかったです。
しかも、ティアラも怖いはずなのに「キャン」とも鳴かずに黙って
我慢していました。
また次の日も通院に。

3日目。
後肢の状態は何故かとても良くなっているようでした。
よく観察するとふらつきがあるくらいの状態まで回復しているのです。
食欲もあり、自分でちゃんとシーツに排泄できています。
この日は私は仕事の都合で実家の家族に通院を頼みました。
先生は最後の注射として抗生物質と静脈注射をして、もう通院
しなくていいですよとおっしゃったそうです。

はっきりした原因は結局解らなかったけれど、今は前と同じ状態で
歩けています。
本当によかった!
何でこんなに回復したのかも解らないままなのですが・・
(私はやはりゴマが助けてくれたものと信じています)

ティアラが歩けなくなった日から、リンとティアラのサークルを
分けています。
留守中に万一リンが足腰の痛いティアラにマウントしてしまうと
いけないからです。
前々から相性が悪い2頭ではないのでそろそろ元の同じサークルに
戻そうかと考え中です。

息子の怪我の数日前にリンの左耳が赤くなり通院、息子の通院、
ティアラの通院、、と本当に通院三昧でした。苦笑

でも今だから言えること。
皆大事に至らず本当によかったです。
長々と書いてしまいましたが最後まで読んで下さりありがとう
ございます。

[2007/07/22 00:18 ] | rin talks to herself | コメント(2) | トラックバック(0)
Rainbow Bridge
台風接近の為、今日(昨日)は午前中に用事や買い物を済ませ、
家で篭っていました。
夕方の剣道の練習もお休みになり、ゆっくりした夜を過ごしています。

ようやく日記を更新する気分になりました。

今月5日に実家で飼っていた猫が虹の橋を渡っていきました。

ゴマという名前で真っ白な日本猫の雄で17歳でした。
私が独身だった頃に飼い始めた猫でそれはもう可愛かったです。
この子を連れて嫁に行こうと思ったくらい。笑
子猫だった頃のことが今でも鮮明に思い出されます。

雄猫特有の泌尿器症候群になり、通院や専用のフードで治療を
続けていました。
持病を持ちながらもその他は元気で長生きしてくれたことには
本当に感謝です。

昨年の6月には腫瘍の摘出手術もしました。
高齢での手術も心配でしたが、手術も成功し幸い腫瘍は良性で、
喜んでいました。
今年の初夏頃より、実家の家族が「何だかまたカクンと年を取った
感じでこの夏を越えられるかどうか・・」と言っていたのです。
食欲も減ったので缶詰のフードにしていたようです。
(歯も弱くなっていたこともあったでしょうね)
今月の頭に歩けなくなり、自分でご飯を食べられなくなったようです。
急いで母と仔猫用のミルクとシリンジを買いに行ったっけ。
翌日、病院に連れていくとそのまま入院に。
それが私が見たゴマとの最後でした。

次の日に会ったゴマは綺麗な箱に入って白い布に包まれていました。

本当に正直に言うと、ゴマと離れて暮らして、今は別に大切なペットが居る。
そういうこともあったのか、哀しいなか冷静だったと思います。
しかし、この箱に入ってあの子達が帰ってきたら・・
きっと私は立ち直れないと思います。
生き物を飼う以上いつかは誰しも遭遇することとは頭では
解っているのですが・・

若かった頃は7キロも!体重があったゴマでしたが今は小さくなり
実家の居間にいます。
家族も私も、本当に今もお気に入りの場所で寝ているような気が
しています。

ゴマちゃん、今まで本当にありがとう。
今はまだまだ寂しいけれど、いつかまた会える日がくるね。


このブログを読んでくださった方を悪戯に不安をかき立てるようですが
ティアラのことでとても不安な数日を過ごしていました。
(どうぞ、ご安心を!ティアラは今はとても元気です)
きっとゴマが助けてくれたものを信じています。
そのことはまた別の日に日記を書きますね。


83S837d10_10.jpgDSCF0011-1.jpg
middle_1101165451.jpg

[2007/07/15 01:37 ] | rin talks to herself | コメント(4) | トラックバック(1)
遊んでみました。
脳内メーカーで遊んでみました。

まずリン。
rin.gif

可愛い可愛いで育ててきてたのにめっちゃ腹黒でビックリです。笑

続いてティアラ。
tiara.gif

おおおおお母ちゃん、更にショックですがな。

続いて私。
Rrin.gif

まぁ、こんなものですかね。
HNでやっているのは気にしない気にしない。笑

よかったらやってみてくださいね~

20070701212237.jpg

なんだか見る目が変わって見えます?笑
[2007/07/01 21:38 ] | favorite | コメント(8) | トラックバック(0)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。