スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
今だから言えること
やっと週末、ゆっくりPCに向かっています。
前回の日記から更新まで日にちが経ってしまい、
またティアラに何かあったかと思いますよね。
ごめんなさいね。

日付は少し遡って・・
今月の11日に息子の通院(ガラスの破片を踏んで怪我)から
帰ったのが夕方の6時半過ぎでした。
帰ってすぐお腹をすかせたリンとティアラにご飯をあげました。
この時はティアラの異常には気が付かなかったのです。
そして私達も着替えて晩御飯の準備に取りかかろうと思い、
その前にワンコ達をサークルから出してあげました。
するとティアラの後肢がふらふらなのです。
ご飯をあげる時はお座りして待っていたので気が付きませんでした。
誰がどう見ても正常に歩けていない状態です。

すぐにティアラをかかりつけの先生のところへ連れて行きました。
診察していただくにあたって先生に症状を伝えるにも、朝は何とも
なくて帰ってきたらこんな状態でした、、としか伝えることが出来ず
自分自身が歯痒かったです。
元々ご飯の前など嬉しくて興奮するとサークルから頭が出るほどの
高さでピョンピョンと飛ぶ癖があったのです。
さすがに危ないのでお座りして待つよう躾けている最中でした。

触診ではふらふらでも歩けているようなので骨折はしていない
とのことでした。
レントゲンを撮った結果もこれといった原因は見当たらなくて
しいていえば背骨の下の方の2個の骨と骨との間が少し狭くなって
いるということなのです。
しかし、これは撮る角度や撮る人が変わるとまた違った風に
撮れるので一概には言えないとのことでした。

診察中尻尾が「し」の字を逆さにしたような先だけ曲がったように
なっていてこれは尻尾を下げたいのだけれど痛くて下げられない
のでしょうと先生がおっしゃいました。
その日は抗生物質の注射と痛み止めの注射をして連れて帰り
様子を見ることになりました。
食欲が落ちて自分で排泄が出来なくなったら、チワワ等に多い
脳の神経の方の病気を疑って検査するとのことでした。
(水頭症とはまた別の病気らしいです)
今の状態では病気を特定することも出来ないし、後遺症が出るとも
出ないとも言い切れないようでした。
注射にはしばらく通うことになるかもしれないとのことでした。
その晩は心配や不安で眠ることができませんでした。

次の日。
肝心の脚は昨日よりは少しマシになっているけれど、ふらつきは
そのままでした。
幸いにも食欲が落ちることはなく、自分で排泄も出来ていたのです。
しかし先生も1日経っても歩き方があまり改善されていないことが
気になるようでした。
この日も抗生物質の注射と昨日の痛み止めよりもう少し痛みを
とる効果がある注射をしました。
1.2キロしかない子の細い腕に静脈注射をするのは見ている方も
痛々しかったです。
しかも、ティアラも怖いはずなのに「キャン」とも鳴かずに黙って
我慢していました。
また次の日も通院に。

3日目。
後肢の状態は何故かとても良くなっているようでした。
よく観察するとふらつきがあるくらいの状態まで回復しているのです。
食欲もあり、自分でちゃんとシーツに排泄できています。
この日は私は仕事の都合で実家の家族に通院を頼みました。
先生は最後の注射として抗生物質と静脈注射をして、もう通院
しなくていいですよとおっしゃったそうです。

はっきりした原因は結局解らなかったけれど、今は前と同じ状態で
歩けています。
本当によかった!
何でこんなに回復したのかも解らないままなのですが・・
(私はやはりゴマが助けてくれたものと信じています)

ティアラが歩けなくなった日から、リンとティアラのサークルを
分けています。
留守中に万一リンが足腰の痛いティアラにマウントしてしまうと
いけないからです。
前々から相性が悪い2頭ではないのでそろそろ元の同じサークルに
戻そうかと考え中です。

息子の怪我の数日前にリンの左耳が赤くなり通院、息子の通院、
ティアラの通院、、と本当に通院三昧でした。苦笑

でも今だから言えること。
皆大事に至らず本当によかったです。
長々と書いてしまいましたが最後まで読んで下さりありがとう
ございます。

スポンサーサイト
[2007/07/22 00:18 ] | rin talks to herself | コメント(2) | トラックバック(0)
<<近況です~ | ホーム | Rainbow Bridge>>
コメント
大事に至らず、良かったですv-410
凛さんも通院三昧お疲れさまでした。

NANAも両膝手術しているので、人事とは思えませんv-409
そのくせサークル内でピョンピョンやるので・・・棒を渡して跳べないようにしています。

話せないので「いつから痛いの?おかしいの?」って聞くわけにもいかないし、ケガのリスクを減らしてあげるしかないな~っと、思ったりもしています。
健康で居てくれることが何よりの幸せですねv-300


[2007/07/22 15:38]| URL | Seven #- [ 編集 ]
e-60Senenさんe-60

コメントありがとう。
NANAちゃん、両膝を手術しているのですか。
その時のSevenさんのお気持ちを考えると私も人事ではないです。
今は元気でドッグランで遊ぶNANAちゃんを見て、手術したのが嘘のように回復して本当によかったです^^

Sevenさんの、サークル内に棒を渡しているお話、とても参考になったよ。
それと同時に「何で私もそういう風に工夫してあげなかったのだろう」という後悔があります。
あの日以来ピョンピョンはしなくなったけれど、今後の対策としてちゃんと環境を整えないと、ですね^^
[2007/07/22 19:51]| URL | 凛 #Srk.WywE [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。